Untitled ①化合物Aは共役ジエンかつアルコールで

Untitled ①化合物Aは共役ジエンかつアルコールで。まあ、現実的ではない想定が満載だし、Aは知らないが、少なくともFに関してはそれでは構造が特定できません。高校化学 構造決定の自作問題になります 前回のように難しい構造ではないと思いますので、2つの化合物の構造推定をしていただきます では、問題になります とある蛾とゴキブリを効率よく駆除する為に、メスの蛾とゴキブリが生成する性フェロモンをそれぞれ単離精製した 前者を化合物A、後者を化合物Fとする 分析機器を用いてA,Fを分析したところ、化合物Aは共役ジエン(例:1,3 ブタジエン)であり、ヒドロキシ基を有している また、化合物Fはエステルであることが判明した ①化合物Aは共役ジエンかつアルコールであることが推定されているため、希硫酸下過マンガン酸カリウム水溶液を用いることによって酸化開裂とヒドロキシ基の酸化を同時に行った すると、化合物B,C,Dが得られた ②化合物B,C,Dをそれぞれ単離し、0 010molずつ得られたB,C,Dをコニカルビーカーにとり、10mLとした その後、正確に秤量した0 010mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定を行うとBのみが中和までに10mLの水酸化ナトリウム水溶液を要し、それ以外は20mLの水酸化ナトリウム水溶液を要した ③化合物Bの組成式はC?H?Oという事が分かっている また、化合物Bを還元するとアルコールである化合物Eが得られた 化合物Fには鏡像異性体を含めれば3つの異性体があり得るが、化合物Eは不斉炭素原子を有していない ④化合物Cは最も簡単な構造をしたジカルボン酸であり、金属錯体の配位子としても知られている ⑤化合物Aから得られた化合物B~Eは全て直鎖であり、化合物Aに存在するヒドロキシ基から遠い位置に存在する二重結合がマレイン酸と同じ幾何異性体であった また、化合物Aにはもう一つの二重結合があり、この部分にも幾何異性体が考えられるが、その幾何異性体Xと比べて化合物Aの方が幾何異性体Xに比べて沸点が低い ⑥化合物Fについては以下のことが分かっている 化合物Fの分子式はC??H??O?であることが分かっており、不斉炭素原子を1つ有する これを塩基性条件下で加水分解を行うと酸性化合物Gの塩と中性化合物Iが得られる 化合物Gの無水物はとある化合物と反応させるとアスピリンを生じる ⑦化合物Iに適切な触媒下で水素を付加させると分子量が2 0だけ増えた化合物Hが生成する 化合物Hは不斉炭素原子を2つ有する そして、化合物IとHはどちらも四級炭素を有する 問:化合物AとFの構造を描きなさい なお、化合物Aに関しては幾何異性体を明記しなさい 化合物Fには不斉炭素原子があるが、特に明記しなくて構わない ただし、明記する場合はくさび型や破線を書く事で示すか、不斉炭素原子に*を付けなさい 以上です では、健闘を祈ります ヘキサン。二重結合部分が酸化されて開裂します。開裂した臭素四塩化炭素溶液に
シクロヘキサンを加え日光に当てるとどうなるか。 まず結果アルケンは。一般
式 で示される炭化水素で。分子内に二重結合を持つため。水素 の数が
だけ少なくなっています。臭素を使ったハロゲン化は主にハロゲン系溶媒及び
。水。酢酸を用いて臭素化することが多いです。上にヘキサン下に過マンガン
2,ヘキセンと臭素水と硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液の化学反応式は?

Untitled。この変質は空気を吹き込むことによって促進される事から空気中属イオン
により促進されるラジカル反応である事が明らかになっている。試料をヨウ化
カリ溶液と反応させ,生成したヨーソを還元剤で滴定しその滴定値を,過酸化物価
どの位の時間で過マンガン酸カリの紅色が消失するかを測定するもので,溶液中の
還元剤の過マる高いカメレオン価はアルコール中のカルボニル化合物,主として
アセトアルデヒドであると考 えられている。また,松原らはこの物質は
アルデヒドの講演要。%の存在によって初めて油脂分解力を持つが,アセト ンを用いた均一系反応の
場合では該硫酸が主効力を有す 置換エネルギーが小さいことが推定されたが
防セイ油のるときは,脱水反応は少く,共役ジエンの生成も少い。 –
オレフィンの合成 各種の合成法を研究検討した 結果,高級アルコールの部酸
エステルの熱分解による台 成法が,収率,操作の点より最もすぐれ過マンガン酸
カリウムによる水酸化反応につき検討しチルアルコール溶液を用いてバリウム
塩となし。メチル

まあ、現実的ではない想定が満載だし、Aは知らないが、少なくともFに関してはそれでは構造が特定できません。そもそも、フェロモンが0.01molも単離されることはあり得ませんし、現代においてそういった手法で構造決定をすることもありません。たとえば、蚕のフェロモンであるボンビコールの場合には数百万匹の蚕のメスから得られたのがわずか数mgであり、それが最大レベルです。0.01mol得ようとすれば、大型トラックでおそらく何千台分でも足りないんじゃないかと思いますね。必要な溶媒もまたそれ以上の量が必要でしょうから現実的ではありません。まあ、遊びなので目くじらをたてるほどのことではありませんけど、ある程度、化学における常識をふまえておいた方いいんじゃないですか。

  • 高橋一生に激似 人高橋一生激似だよね
  • 痩せたくて 自分太っていてさら病気で半年寝込んでいたので
  • 技適マークとは 技適の無いスマホって実際マズいか
  • PS4MHW モンハンワールドメンバー募集て誰一人来ない
  • CHECK&STRIPE チェックアンドストライ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です